fc2ブログ

真裕先生(秋刀魚の味)、ピアノ、石川台教室、 水曜、体験可能日程


本教室のホームページは、【☟クリック☟】
(奥沢・自由が丘・緑が丘・みどりがおか・石川台)ピアノ教室
からご覧いただけます♪

振り返ってみれば、世界的には良いニュースよりも
悪いニュースのほうが多かった2023年だったのではないかと思う気がしますが、
皆様にはどのような1年でしたでしょうか?
どうしてもネガティブな部分に記憶が残りがちですが、もちろん驚くようなことも多々あったことかと思います。

今回はつい先日、ちょっとマニアックな話題かもしれませんが驚くような発見があったので
是非みなさまと共有できればと思い、こちらに記載したいと思います。

2023年は日本の戦前~戦後を代表する映画監督のひとり、
小津安二郎の生誕120年そして没後60年という節目の年なんですね。
私も以前から名前はもちろん代表作はいくつかざっくり観て知っていましたが、
作風が現代の映画とはまるっきり異なるので、
CGや欧米の派手めな作品に見慣れた世代のかたには大きなギャップを覚えるのではないでしょうか。
個人的にはそこがまた小津映画の大きな魅力と思っておりますが、
小津映画なんて全く知らない!という方には是非こちらの映画をおすすめしたいと思います。

それは最後の映画、遺作として小津映画の中でも名作の1つに数えられている
「秋刀魚の味」(0963年/カラー/113分)です。
小津映画はカラーよりモノクロ派な自分ですが、じゃあ何故この映画を挙げるのかと言うと、
何と何と当時の石川台の駅が登場するからなんです!笑

若い頃の岩下志麻さんがホームに立っているシーンはなかなか興味深くて、
思わず見入ってしまいました。表示板そのものは現在と変わっていますが、
左右に雪が谷大塚/洗足池の駅名が書かれた石川台駅の表示板の場所もほぼ同じような位置で、
地上より少し高く上げられた蒲田方面のプラットフォームが同じ様子なのにはとても驚きました。
ホームから見える背景の街並みが当然のことながら
今と全く違う光景なのも大変興味深かったです(もちろん、ピーコックなどは写っているはずもなく)。

好きな映画と言えばストーリーはもちろん、
出演者や制作エピソードなど色々な視点があるかと思いますが、
小津映画は代表作の制作年代が戦後の成長著しい時期なので
他の作品でも当時の東京の街の懐かしい様子が写るシーンが多く、
気になった方はぜひチェックいただければと思います。

何処にどのような発見が潜んでいるか分からないエピソードとしてお届け致しましたが、
皆様も2024年が刺激に満ちた、そして健康で円満な年となりますよう心よりお祈り申し上げます。


【1月レッスン可能日】
石川台 教室
水曜日:14時もしくは15時台、または19:30~(詳しくは要相談)



石川台教室 水曜日 ピアノの真裕先生の紹介

theme : クラシック
genre : 音楽

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
プロフィール

桐友会 ピアノ バイオリン 声楽 クラリネット 教室 大田区 洗足 池上 西馬込

Author:桐友会 ピアノ バイオリン 声楽 クラリネット 教室 大田区 洗足 池上 西馬込
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の
無断掲載を一切禁じます。
桐友会 大田区東雪谷ミュージックドリーム
Copyright 2008 music school.
All Rights Reserved.

QRコード
QR
最近の記事
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東雪谷ミュージックドリーム
リンク