fc2ブログ

桐朋卒ピアノ指導者ー月/火 亜紀先生のコラムー椿の花について

東雪谷ミュージックドリームにてピアノの指導をさせて頂いております、亜紀です。

皆様、こんにちは。いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか・・・

さて、実家の庭先にて、今年、椿の花がたくさん咲きました。
(木にもきまぐれなところがあるのでしょうか、昨年はまったく咲かなかったそうですが・・・)

ダウンロードダウンロード (1)

・・・下記、椿につきまして、少し調べてみました

椿は古くは日本・中国原産で、日本では万葉の時代から親しまれ、人々に愛されきた花木で、
花言葉は、「控えめな優しさ」「誇り」だそうです。
(特に桃色の椿は、「控えめな美・愛」「慎み深い」で、その”控えめな”という表現は、
椿の花には香りがほとんどないことに由来するらしいです・・・)

18世紀にカメルさんというイエズス会の宣教師により、椿がヨーロッパに伝えられると、
「東洋のバラ」と言われ、人々の間でたちまち人気となり、19世紀頃には、
社交界の女性たちはこぞって、椿の花を飾りとして、胸に差したそうです。
そのブームの中で、西洋音楽の世界でも、椿が取り上げられた「椿姫」のオペラが生まれ、
世界的名作のひとつとなりました

また、デザイナーのココシャネルが最も愛した花として、椿の花は「シャネル」の代表的な
モチーフとなり、その服飾品は時代と国を越えて、多くの女性たちに愛され続けています。

ただ、その散り方が、花びらが1枚1枚・・・という感じではなく、開花後3・4日の内に、
ポトっと花ごと、落ちることから、日本では縁起の点で、椿には注意が必要な場面がある様ですが、
その一方、それを”潔い”姿として、好ましく思う人もいるそうです・・・。
日本での象徴的な意味付をここではひとまず置いておきましても、
こうして、無心で何の先入観もなく眺めておりますと、椿は本当に美しい花だなぁ・・・と、
ただただ、見とれてしまうのでした・・・

現在、レッスン可能時間帯は下記の様になっております♪
【月曜日】14:30-  【火曜日】14:30-/18:30-

東雪谷ミュージックドリーム 月/火 ピアノの指導者 亜紀先生のコラム
とても素敵な先生で、お子様から大人の方まで指導を行っております★

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
プロフィール

桐友会 ピアノ バイオリン 声楽 クラリネット 教室 大田区 洗足 池上 西馬込

Author:桐友会 ピアノ バイオリン 声楽 クラリネット 教室 大田区 洗足 池上 西馬込
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の
無断掲載を一切禁じます。
桐友会 大田区東雪谷ミュージックドリーム
Copyright 2008 music school.
All Rights Reserved.

QRコード
QR
最近の記事
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

東雪谷ミュージックドリーム
リンク